沿革

終戦後 創始者大江栄三、京大地下資源研究所に入所。
昭和23年 京都市上京区今小路通御前入ル西紙屋川町にて開業。 主に教材用鉱物・岩石・化石標本を製作。
昭和26年 株式会社内田洋行と取引を開始。
昭和33年 有限会社に改組。
昭和39年 京都市北区衣笠北天神森町に移転。
昭和40年 (株)内田洋行専属として同社の地学標本全般製作。
昭和54年 大江栄三長男、大江巖が事業を継承。
昭和59年 アメリカ合衆国から鉱物・化石の直輸入開始。
昭和61年 全国主要百貨店と取引開始。
平成2年 海遊館への出品開始。
平成3年 大江巖、財団法人益富地学会館理事就任。
平成8年 京都府船井郡瑞穂町に第二倉庫完成(90坪)。
平成11年 アメリカ合衆国アリゾナ州ツーソンミネラルショー出展開始。
平成13年3月 ユニバーサルスタジオジャパンに出品開始。
平成13年9月 京都市右京区常盤山下町1-110に移転。
平成15年10月 ビルマからのヒスイ直輸入開始。
平成21年3月 東京ディズニーリゾート出品開始。
平成21年7月 小売店「ストーンハート」を滋賀県彦根市ビバシティ内にオープン。
  以上